体のだるさ、汗のニオイ、寝苦しい夜…
夏の3大悩みをアロマで乗り切る

Aroma

2022.07.01

新田 晃代

[ビューティエディター]

新田 晃代

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

今年の夏の気温は全国的に平均並みもしく高くなるとの予想です。高温多湿な日本の夏は、体のだるさや汗のニオイ、寝苦しさなどの悩みが現れやすくなります。
過ごしにくい夏を快適に過ごすために、おすすめしたいのがアロマオイル。ヤマサキで「アロマテラピー検定1級」をとり、日常生活にアロマを取り入れているPRのふたりに夏の悩みを解消し、快適に過ごすのにおすすめのアロマと、おすすめの取り入れ方を教えてもらいました。

体のだるさ、汗のニオイ、寝苦しい夜…
お悩み別おすすめのアロマ

1.体のだるさにはユーカリとレモングラス

暑さによるストレスやエアコンによる温度差などで、体にだるさを感じるときにおすすめのアロマが「ユーカリ」と「レモングラス」。
メントール系の香りが特徴のユーカリには、清涼剤としても使用されるシネオールという成分が含まれ、気分をすっきりさせる効果があります。
その名のとおり、ほんのり甘いレモンにも似たハーブ調の香りレモングラスには疲労回復・消化促進効果があるので、食欲が落ちてしまったときにもおすすめ。
アロマディフューザーを使用してお部屋を心地よい香りで満たし、深呼吸を!

2.汗のニオイにはペパーミント、ベルガモット、ラベンダーを

「ペパーミント」の清涼感のある香りの主成分であるメントールには、冷却、鎮痛、抗菌、消臭など、さまざまな効果があります。
同様に抗菌、消臭効果のある柑橘系の「ベルガモット」、リラックス効果が高いことで名高い「ラベンダー」にも抗菌、消臭効果があるので、ニオイ対策に最適です。
エタノール10ml+精製水20mlに、ペパーミントとベルガモットを3〜4滴ずつ、ラベンダーを1〜2滴加えたものを、ルームスプレー、ファブリックミストとして使用するのがおすすめ。

3.寝苦しい夜にはラベンダー、カモミールローマン、ベルガモット

寝苦しい夜は、心身の緊張を解きほぐし、リラックス効果をもたらしてくれる「ラベンダー」、「カモミール・ローマン」、「ベルガモット」の力を借りて。
ラベンダーの香りに含まれるエステルやリナロールは緊張やストレス、不安をやわらげ、鎮静作用があります。
りんごのように甘い香りのカモミール・ローマンにも抗炎症、鎮静作用があります。カモミール・ローマンはやさしい香りなので、アロマ初心者にもぴったり。
柑橘系のベルガモットの香りにもリナロールが含まれるので、ラベンダー同様に緊張やストレス、不安をやわらげる効果が期待できます。
湯船に数滴垂らして入浴する、枕カバーに1滴垂らす (枕カバーを汚したくない方は、ティッシュに1滴垂らして枕元に置くのも◎)のが効果的。

これから徐々に気温が高くなっていきますが、アロマを上手に活用して快適に夏を乗り切りたいですね。
なお、アロマオイルを取り扱う際の注意点は、こちらの記事をご確認ください。

 

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

Related Posts

Online Shopping