印象アップの鍵を握る爪。セルフネイルケアで洗練された指先に!

Beauty

2022.04.28

新田 晃代

[ビューティエディター]

新田 晃代

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

名刺交換やタッチパネルの操作の際など、自分が思っている以上に、指先は視線が集まるパーツです。ケアを怠った指先は、清潔感を欠き、素敵に決めたヘアスタイルやメイクを一気に台無しにしてしまいます。そんな指先の印象を大きく左右する「爪」を、正しいセルフケアで美しく整え、印象アップを目指しませんか?

指先の清潔感を高めるだけでなく、健康な爪を育む効果もあるネイルケア。まずは、下のチェックリストで自分の爪の状態を確認して、ひとつでも当てはまる場合は、ネイルケアを行いましょう。

こんな爪は印象ダウンに!
□ささくれができている
□爪の間に汚れがある
□ネイルカラーが剥がれている
□のび放題で長くなりすぎている
□欠けやヒビがある
□表面の縦スジや凹凸が目立つ

ネイルケアに必要なツールは、ドラッグストアやバラエティショップで購入することができます。

セルフネイルケアに必要なアイテム
・ネイルファイル(長さや形を整える板状の爪やすり)
・ネイルバッファー(爪の表面をなめらかに整える爪磨き)
・ネイルシャイナー(ツヤ出し)
・フィンガーボール
・キューティクルリムーバー
・プッシャー(ウッドスティックでも可)
・ガーゼ(ウェットティッシュでも可)
・ベースコート
・ネイルオイル、ハンドクリーム

印象アップの指先を叶える5ステップネイルケア

1.爪の長さ・形を整える
ネイルファイル(爪やすり)を使って、長さと形を整えます。爪に対して45°の角度でネイルファイルを当て、ネイルファイルを一方向に動かします。左右に動かすと、二枚爪の原因になるので気をつけて。
爪に強い負担がかかってしまうので、爪切りを使わないのが望ましいですが、使用する場合は、爪全体を一気に切ろうしないこと! 端から少しずつ、少し長めにカットしてネイルファイルで先端を整えて仕上げると、負担を軽減することができます。

2.爪の表面を整える
ネイルバッファー(爪磨き)とシャイナー(ツヤ出し)を使って、凹凸をなくし爪表面をなめらかに整えます。磨きすぎると爪が薄くなってしまうので、表面をなでるように優しくゆっくり動かすのがコツです。
バッファーとシャイナーは爪あたりがソフトなスポンジタイプを選ぶのがおすすめです。

3.甘皮の処理をする
お湯を入れたフィンガーボールに指先を入れて5分ほど置き、甘皮をふやかします。その後、キューティクルリムーバーを甘皮部分になじませ、プッシャーかウッドスティックで、優しく甘皮を押し上げます。
甘皮を押し上げると、ルースキューティクルと呼ばれる白い薄膜が浮いてくるので、濡らしたガーゼかウェットティッシュを指に巻きつけ、甘皮周辺をていねいに拭き取ります。甘皮を処理すると爪の面積が広がり美しく見えますが、ガシガシと強く押しすぎると傷ついてしまい、健康な爪が生えなくなるので押し上げ過ぎには注意して。
甘皮の処理は、お風呂上がりに行うのも一案です。

4.ベースコートで爪を保護
自爪がきれいに整ったら、ベースコートを塗ります。ベースコートには自爪にかかる負担を減らし、光沢を与え指先をきれいに見せる効果があるので、ネイルカラーを塗らない人も、ベースコートを塗る習慣を身につけて。
ネイルカラーを塗る場合は、ベースコートが乾いてから色をのせ、トップコートを重ねて仕上げます。

5.しっかり保湿して仕上げる
ネイルオイルやハンドクリームを塗り、しっかりと保湿を。皮膚だけでなく、爪の根元にもしっかりとオイルを塗り、マッサージして仕上げます。保湿することで、割れや欠け、二枚爪、スジが入るのを防ぐことができるので、このプロセスは毎日の習慣に。

保湿以外のネイルケアは2週間に1度OK。ケアのいき届いた美しい指先をキープすることは、印象アップ効果を得られるだけでなく、自分のモチベーションを高めることにも繋がるはずです。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

Related Posts

Online Shopping