トリートメントの選び方

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

リンス、コンディショナー、トリートメント…あなたはこの違い、答えられますか? 実を言うと、この3つに正式な定義はありません。特にコンディショナーは、メーカーによってリンスと同じだったり、トリートメントと同じだったりとさまざま…。おおまかな特長を整理しておきますので、これを参考に今使っているアイテムがどんな働きをするものなのか、改めてチェックしてみてくださいね。

【リンス】

シャンプーの後に使用し、油分などを与えることで髪のすべりやまとまりを良くします。

【コンディショナー】

シャンプーの後に使用し、髪をなめらかにするという役割は基本的にリンスと同じです。うるおいを与える機能をもたせる場合もあります。

【トリートメント】

髪内部に浸透し、美髪成分を与えたり、ダメージを補修したりするという考えが主流です。最近はお風呂で使うインバストリートメント以外に、アウトバストリートメントや朝使うトリートメントなど、様々なタイプが登場。効果の高さから人気も高まり、目的に合わせて使いこなす女性が増えてきています。

プチCOLUMN
トリートメントを使うのは日本だけ?

日本では人気の高いトリートメントですが、海外では実は馴染みが薄い名前のよう…。なぜかと言うと、海外ではシャンプーの後に使うものは基本的にすべて“コンディショナー”と呼ばれているんです。トリートメントとは日本語で“手当て”という意味。よりダメージをケアするという意味を込めてつけられた、日本発祥の名前だったのです。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

Online Shopping